中根 千枝   (1926-)

中根 千枝(なかね ちえ、1926年11月30日 - )は日本の社会人類学者。 専門はインド・チベット・日本の社会組織。 東京大学名誉教授。 女性初の東大教授。 女性初の日本学士院会員。 学者として女性初の文化勲章受賞者。 イギリス人類学民族学連合名誉会員、国際人類学民族学連合名誉会員など。 [来歴・人物] 東京府豊多摩郡戸塚村(現・新宿区)生まれ。 東京都立第八高等女学校(現・東京都立八潮高等学校)、津田塾専門学校外国語科卒業。 東京大学文学部東洋史学科に入学し、卒業後は同大学院に入学し、修了。 1959年『未開の顔・文明の顔』で毎日出版文化賞受賞。 1967年に出版した著書『タテ社会の人...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカネ チエ
人物別名 中根千枝

Nakane, Chie

Chie Nakane
生年 1926年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
タテ社会と現代日本 中根千枝著 ; 現代新書編集部構成 講談社
2019.11
ハンコの文化史 新関欽哉 著 吉川弘文館
2015.6
タテ社会の力学 中根千枝 著 講談社
2009.7
お道の人のとっておきの話 : 『陽気』創刊60年記念企画 『陽気』編集部 編 養徳社
2009.7
社会人類学 : アジア諸社会の考察 中根千枝 著 講談社
2002.4
中国とインド : 社会人類学の観点から 中根千枝 著 国際高等研究所
1999.11
家族を考える 中根千枝[ほか]著 リブリオ
1997.4
世界の農村・日本の農村 : 中根千枝講演集 農村環境整備センター編 - 1996.8
階級意識とアメリカ社会 小川晃一, 片山厚 編 木鐸社
1990.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想