中村 直勝   (1890-1976)

中村 直勝(なかむら なおかつ、1890年6月7日 - 1976年2月23日)は、大正・昭和期の歴史学者。 [経歴] 滋賀県滋賀郡大津町(現在の大津市)にある長等神社の社家出身。 膳所中学校・第三高等学校を経て京都帝国大学に入る。 三浦周行の門下で古文書学などを研究する。 1915年7月京都帝国大学文科大学卒業、大学院に進む。 1919年9月より第三高等学校で歴史学を講じ、1920年に同校教授となる。 1927年7月からは京都帝国大学助教授として古文書学を担当した他、南朝や荘園・皇室領・座・供御人などの研究を行った。 1946年「荘園の研究」で京大文学博士。 1948年に公職追放となるも、追...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカムラ ナオカツ
人物別名 中村直勝
生年 1890年
没年 1976年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「通」のための裏返し日本史 : この時代のここを見れば日本史の本質がわかる 中村直勝 著 主婦の友インフォス情報社
主婦の友社
2008.10
馬の文化叢書 岩井宏實編 馬事文化財団
1995.4
熊野信仰 宮家準 編 雄山閣
1990.7
日本古文書学論集 日本古文書学会 編 吉川弘文館
1987.5
日本古文書学論集 日本古文書学会 編 吉川弘文館
1987.7
日本古文書学論集 日本古文書学会 編 吉川弘文館
1987.7
日本古文書学論集 日本古文書学会 編 吉川弘文館
1986.11
中村直勝著作集 - 淡交社
1979.1
中村直勝著作集 中村直勝著 ; 赤松俊秀[ほか]編集委員 淡交社
1978.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想