仲村 研   (1931-1990)

仲村研(なかむら けん、1931年12月24日 - 1990年3月13日)は日本の歴史学者。 専門は日本中世史。 文学博士(佛教大学、1985年)。 [人物] 鳥取県生まれ。 1955年、同志社大学文学部文化学科文化史学専攻卒業。 1963年、同志社大学大学院文学研究科文化史学専攻博士課程退学。 1978年、同志社大学人文科学研究所教授。 1990年、死去。 13。 同志社大学で赤松俊秀に古文書学を学び、大学院では三品彰英・秋山国三らに学ぶ。 当初は近代思想史研究を志すが、1955年夏、石母田正『中世的世界の形成』を読んで日本中世史研究に転向した。 [著書] 『山国隊』(学生社、1968年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカムラ ケン
人物別名 仲村研
生年 1931年
没年 1990年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
講座日本荘園史 網野善彦 ほか編 吉川弘文館
1999.11
山国隊 仲村研 著 中央公論社
1994.10
惣いぶき : 仲村研先生追悼文集 仲村研先生教え子有志編 者不明
1991.6
京都「町内」 (ちょうない) のなりたち 仲村研著 同志社大学出版部
1990.11
古文書の語る日本史 所理喜夫 [ほか]編 筑摩書房
1989.5
中世地域史の研究 仲村研 著 高科書店
1988.5
戦乱の日本史 : 合戦と人物 熱田 公【編】 第一法規
1988.6
大系仏教と日本人 宮家 準【編】〔ミヤケ ヒトシ〕 春秋社
1986.11
中世惣村史の研究 : 近江国得珍保今堀郷 仲村研 著 法政大学出版局
1984.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想