中村 不折   (1866-1943)

中村 不折(なかむら ふせつ、1866年8月19日(慶応2年7月10日) - 1943年(昭和18年)6月6日)は明治、大正、昭和期に活躍した日本の洋画家、書家である。 正五位。 太平洋美術学校校長。 夏目漱石『吾輩は猫である』の挿絵画家として知られている。 [経歴] 父・源蔵、母・りゅうの子供として東京の京橋に生まれ幼名を鈼太郎といった。 5歳の時、維新の混乱を避け、一家をあげ郷里の高遠に帰る。 幼少より絵を好み、物の形を写すことを楽しみとした。 19歳の時、北原安定に漢籍、真壁雲卿に南画、白鳥拙庵に書を学ぶ。 西高遠学校授業生(代用教員)となる。 21歳の時、西伊那部学校の助教となる。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカムラ フセツ
人物別名 中村不折

中村, 鈼太郎

中村, 環山

不折山人
生年 1866年
没年 1943年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
中村不折 : 伊那谷から世界へ : 令和2年度冬季展 : 洋画家・書家・コレクター 長野県立歴史館編 長野県立歴史館
2021.1
中村不折 : 私たちのコレクション展 : 生誕一五〇年記念 岸田惠理編 長野県伊那文化会館
2016.10
中村不折 中村不折 [作] 長野県伊那文化会館
2016.10
郷土に残る小山正太郎と不同舎の画家たち 小山正太郎 [画] ; 新潟県立近代美術館 編 新潟県立近代美術館
2015.1
僕の歩いた道 : 自傳 中村不折著 ; 台東区立書道博物館編 台東区芸術文化財団
2014.3
僕の歩いた道 中村不折 著 ; 台東区立書道博物館 編 台東区芸術文化財団
2014.3
画家・書家中村不折のすべて : 台東区立書道博物館蔵品選集 中村不折 作 ; 台東区立書道博物館 編 台東区芸術文化財団
2013.3
近代の洋画家、創作の眼差し 宮内庁三の丸尚蔵館 編 宮内庁
2010.10
龍眠帖 [中村不折筆] ; 台東区立書道博物館編集 台東区芸術文化財団
2006.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想