山口 半七   (1853-)

山口 半七(やまぐち はんしち、1853年2月14日(嘉永6年1月7日) - 1932年(昭和7年)6月9日)は、明治期の政治家。 初名は克己。 [経歴] 豊前国生まれ。 中津藩儒に学び、1869年(明治2年)慶應義塾に入る。 西南戦争で帰郷し県会議員を経て、1894年(明治27年)に衆議院議員となる。 豊中製紙会社を設立し、鐘ヶ淵紡績会社の監査役、大分県農工銀行取締役を経て代議士となる。 憲政本党大分支部長を務めた。 [参考文献] (近代デジタルライブラリー) 幕末中津藩の人物 大分県の地方議会議員 衆議院議員 (帝国議会) 大分県選出の帝国議会議員 日本の実業家 1853年生 1932...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヤマグチ ハンシチ
人物別名 山口半七
生年 1853年
没年 -
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
山口翁 : 大分県の耆宿 山口半七 著 立憲民政党大分県支部
1930
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想