中井 英夫   (1922-1993)

中井 英夫(なかい ひでお、本名同、1922年(大正11年)9月17日 - 1993年(平成5年)12月10日)は、日本の短歌編集者、小説家、詩人。 三大奇書とされる代表作の『虚無への供物』の作者として著名であるが、ノヴェレット主体のマニエリスティクな推理小説・幻想文学において知られている。 別名に塔 晶夫(とう あきお)、碧川 潭(みどりかわ ふかし)、黒鳥館主人、流薔園園丁、月蝕領主。 [概要・人物] 東京市滝野川区田端に生まれ育つ。 父は植物学者で国立科学博物館館長、陸軍司政長官・ジャワ・ボゴール植物園園長、小石川植物園園長等を歴任した東京帝国大学名誉教授の中井猛之進。 祖父・堀誠太郎...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカイ ヒデオ
人物別名 中井英夫
生年 1922年
没年 1993年
職業・経歴等 小説家
をも見よ 塔, 晶夫(1922-1993)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
少年愛文学選 折口信夫, 稲垣足穂ほか著 ; 高原英理編 平凡社
2021.4
鬼 : 文豪怪談ライバルズ! 東雅夫編 筑摩書房
2021.10
戦時下の青春 中井英夫他著 集英社
2020.1
秘文字 日影丈吉著 ; 中井英夫著 ; 泡坂妻夫著 ; 長田順行監修 ; 田中敏郎企画編集 復刊ドットコム
2020.7
新編・日本幻想文学集成 安部公房, 倉橋由美子, 中井英夫, 日影丈吉 著 ; 安藤礼二, 山尾悠子, 高原英理, 諏訪哲史 編 国書刊行会
2016.6
ハネギウス一世の生活と意見 中井英夫 著 ; 本多正一 編 幻戯書房
2015.4
不思議の国のアリスミステリー館 海渡英祐, 石川喬司, 都筑道夫, 邦正彦, 小栗虫太郎, 中井英夫, 山田正紀 著 河出書房新社
2015.9
小川洋子の陶酔短篇箱 小川洋子 編著 河出書房新社
2014.1
幻視の系譜 芥川龍之介 ほか 著 ; 東雅夫 編 筑摩書房
2013.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想