中原 和郎   (1896-1976)

中原 和郎(なかはら わろう、1896年1月16日 - 1976年1月21日)は、日本の生化学者。 医学博士。 日本学士院会員。 がんの生化学的研究で知られる。 [人物] 鳥取県東伯郡羽合町(現・湯梨浜町)生まれ。 1918年にコーネル大学を卒業後、ロックフェラー医学研究所、理化学研究所、東大伝染病研究所などで研究を進める。 1923年 京都大学医学博士 「淋巴球に関する研究 」。 1948年から財団法人癌研究会所長を務め、1962年、国立がんセンター研究所初代所長となる。 所長時代には、がん細胞からトキソホルモンの抽出に成功するなど、研究所の存在を確立。 1965年に福岡文子との共同研究で...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナカハラ ワロウ
人物別名 中原和郎
生年 1896年
没年 1976年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
世界の蝶 中原和郎, 黒沢良彦 共著 北隆館
2016.11
細胞生物学 中原和郎, 藤井隆, 三浦義彰 編 朝倉書店
1967
癌の生化学 中原和郎 編 医学書院
1965
癌の生化学 中原和郎 編 医学書院
1960
癌の研究の進歩 中原和郎, 吉田富三 監修 医学書院
1960 2版
世界の蝶 : 原色図鑑 中原和郎, 黒沢良彦 共著 北隆館
1958
癌研究の進歩 中原和郎, 吉田富三 監修 医学書院
1956
中原和郎 著 岩波書店
1955
原形質の化學と作用物質 石田壽老, 中原和郎 [著] 中山書店
1952.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
作用物質 中原 和郎
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想