枝川 公一   (1940-2014)

枝川 公一(えだかわ こういち、1940年11月12日 - 2014年8月15日)は、日本の評論家、ノンフィクション作家、翻訳家。 [略歴] 東京向島生まれ。 東京外国語大学卒業。 出版社(光文社)勤務を経てライターとして独立し、下町や酒場などを歩いて探訪するノンフィクション作品、アメリカやアジアの文化と社会のルポなどを発表した。 2014年8月15日、肺気腫のため東京都墨田区の病院で死去(死因は敗血症とも)。 73歳没。 [著書] 『USA・休養型社会への出発』誠文堂新光社,1972 『なんとかしなくちゃ アメリカをゆるがす生き方革命』主婦と生活社,1973.21世紀ブックス 『アメリカ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ エダガワ コウイチ
人物別名 枝川公一
生年 1940年
没年 2014年
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ぼくらの瀕死のデモクラシー 枝川公一 著 芸術新聞社
2012.5
これならわかる!ドラッカー思考 枝川公一 著 PHP研究所
2010.10
バーのある人生 枝川公一 著 中央公論新社
2006.2
多摩一日の行楽 枝川公一 著 ; 萩原宏美 写真 ネット武蔵野
2004.6
戦時化する世界 枝川公一 編著 太陽企画
2003.3
9月11日・メディアが試された日 外岡秀俊, 枝川公一, 室謙二 編著 ; 「本とコンピュータ」編集室 編 トランスアート市谷分室
大日本印刷ICC
2002.1
メールのためのe文章入門 枝川公一 著 朝日出版社
2002.7
新・東京のbar 枝川公一 著 プレジデント社
2002.11
日本マティーニ伝説 枝川公一 著 小学館
2001.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想