内藤 濯   (1883-1977)

内藤 濯(ないとう あろう、1883年7月7日 - 1977年9月19日)は、フランス文学者、評論家、翻訳家、エッセイスト。 サン=テグジュペリのLe Petit Prince(直訳すると「小さな大公」)を『星の王子さま』と訳したことで知られる。 [生涯] 熊本県熊本市に生まれる。 父泰吉は軍医。 熊本市立慶徳小学校から福岡県立中学伝習館に進む。 同期に北原白秋がいた。 上京して開成中学校に転校。 在学中に文学に目覚め、和歌や新体詩に熱中。 1903年に卒業。 第一高等学校文科丙類では日本ユニテリアン協会に参加。 1907年、東京帝国大学文学部仏文学科に入学。 1910年に卒業。 フランス語...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナイトウ アロウ
人物別名 内藤濯
生年 1883年
没年 1977年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
星の王子さま サン=テグジュペリ 作 ; 内藤濯 訳 岩波書店
2017.7
箴言と考察 ラ・ロシュフコオ [著] ; 内藤濯 訳 グラフ社
2010.5
ムシル, A.フランス, ゲーテ 著 ; 川村二郎, 内藤濯, 小牧健夫 訳 ポプラ社
2010.12
ブリタニキュス ラシーヌ 作 ; 渡辺守章 訳. ベレニス / ラシーヌ 作 ; 渡辺守章 訳 岩波書店
2008.2
星の王子とわたし 内藤濯 著 丸善
2006.3
ルナアル詞華集 ルナアル 著 ; 内藤濯 選訳 グラフ社
2003.9
星の王子さま サン・テグジュペリ 作 ; 内藤濯 訳 岩波書店
2003.5
ブールジェ 作 ; 内藤濯 訳 岩波書店
1951.9(第3刷:2002.2)
ブールジェ 作 ; 内藤濯 訳 岩波書店
1952.1(第3刷:2002.2)
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想