永積 昭   (1929-)

永積 昭(ながづみ あきら、1929年1月20日 - 1987年7月10日)は、歴史家(専攻は東南アジア史)。 元東京大学文学部教授。 東京府大塚に生まれる、父永積寅彦は、侍従であった(昭和天皇の同級生で、その大葬では祭官長)。 1954年、東京大学文学部東洋史学科卒、同大学大学院博士課程中退、コーネル大学大学院博士課程修了。 1967年、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教授、1971年、東大文学部助教授、1974年、教授。 定年を前に58歳で死去。 没後、妻の永積洋子(三木清の娘)が教授に就任し、東大文学部では、初の女性教官となった。 著書に『インドネシア民族意識の形成』『アジ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガズミ アキラ
人物別名 永積昭
生年 1929年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
オランダ東インド会社 永積昭 著 講談社
2000.11
月は東に日は西に : 東南アジアと日本のあいだ 永積昭 著 同文館
1987.3
オランダとインドネシア 日蘭学会 編 山川出版社
1986.3
東南アジア歴史散歩 永積昭 著 東京大学出版会
1986.6
民族の世界史 大林太良編 山川出版社
1984.5
海上民 家島彦一, 渡辺金一編 東洋経済新報社
1984.10
もっと知りたいマレーシア 綾部恒雄, 永積昭 編 弘文堂
1983.1
もっと知りたいビルマ 綾部恒雄, 永積昭 編 弘文堂
1983.5
もっと知りたいフィリピン 綾部恒雄, 永積昭 編 弘文堂
1983.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想