永田 広志   (1904-1947)

永田 広志(ながた ひろし、1904年4月1日 - 1947年9月7日)は日本の哲学者である。 マルクス主義の立場から活動した。 [概要] 長野県東筑摩郡山形村に生まれる。 県立松本中学時代から哲学に興味を持ち始める。 卒業後、1921年に東京外国語学校露語部に入学。 当時のソ連の哲学動向に関心を持つ。 卒業後は一時朝鮮に渡り、国境近い新義州で流入するソ連文献を検閲する任務に当たる。 1927年、パーヴェル・アクセリロード『ブルジョア社会学の批判』を翻訳して刊行、海外文献の紹介、翻訳につとめる。 1930年、川内唯彦のすすめでプロレタリア科学研究所に参加し、唯物弁証法の研究につとめる。 19...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガタ ヒロシ
人物別名 永田広志

永田, 廣志
生年 1904年
没年 1947年
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本哲学思想史 永田広志著 法政大学出版局
2005.4
日本唯物論史 永田広志著 法政大学出版局
2005.4
日本封建制イデオロギー 永田広志著 法政大学出版局
2005.4
唯物論全書 : Ⅰ哲学と思想 芝田進午 ほか編 久山社
1990.9
永田広志序文選集 本村四郎 編著 永田広志文庫資料集刊行会
1987.5
日本唯物論史 永田広志 著 新日本出版社
1983.1
永田広志日本思想史研究 永田広志著 法政大学出版局
1969
永田広志日本思想史研究 - 法政大学出版局
1968
日本封建制イデオロギー 永田広志著 法政大学出版局
1968.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
現代唯物論 永田 広志
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想