曇鸞   (476-542)

曇鸞(どんらん、tán-luán)は、中国南北朝時代の僧である。 中国浄土教の開祖とされる。 浄土宗では、「浄土五祖」の第一祖とされる。 浄土真宗では、七高僧の第三祖とされ「曇鸞大師」・「曇鸞和尚」と尊称する。 [生涯] 五台山の近く雁門(現在の中国、山西省代県)の生まれ。 生没年は不明だが、おおよそ北魏後半から北斉時代の人と思われる。 出家して、龍樹系の四論(『中論』、『十二門論』、『大智度論』、『百論』)や『涅槃経』の仏性義を学んだ。 ところが『大集経』(だいじっきょう)の注釈の最中に病に倒れ、不老長寿の術を茅山の陶弘景について学び「仙経」を得て帰る途中、洛陽で菩提流支に出会い、仏教にこ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ドンラン
人物別名 tan luan
生年 476年
没年 542年
職業・経歴等

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
親鸞聖人眞蹟集成 親鸞 [著] ; 赤松俊秀, 藤島達朗, 宮崎圓遵, 平松令三 編 法蔵館
2006.6
傍訳浄土思想系譜全書 池田勇諦, 瓜生津隆真, 神戸和麿 監修 四季社
2002.12
大乗仏典 : 中国・日本篇 神戸 和麿;広瀬 杲【訳】 中央公論社
1993.4
往生論註 : 浄土真宗聖典原典版 曇鸞 著 ; 真宗聖典編纂委員会 編 本願寺出版部
1985.5
往生論註 [曇鸞著] ; 真宗聖典編纂委員会編 本願寺出版部
1985.5
浄土論註総索引 編集: 真宗教学研究所 東本願寺出版部
1972
往生論註解説 神子上恵龍著 永田文昌堂
1969.7
解読浄土論註 曇鸞 著 ; 上杉思朗 訳註 西村為法館
1955
往生淨土論註概説 千葉良導 述 近江屋書店
1933
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想