永宮 健夫   (1910-2006)

永宮 健夫(ながみや たけお、1910年6月1日 - 2006年6月3日)は、日本の物理学者。 大阪大学名誉教授。 専門は固体物理学で、特に反強磁性体の理論の仕事は名高い。 [人物] 東京帝国大学理学部物理学科を卒業後、同大学工学部力学教室助手となり、東京高等学校教授を経て、1939年大阪帝国大学理学部助教授、1943年に教授に就任。 1961年の基礎工学部の創設では、計画策定に当たり、その設立と同時に同学部教授に就任した。 大阪大学定年退官後は、関西学院大学理学部教授に就任し、引き続き研究と後進の指導にあたった。 この間、1954年から1963年まで京都大学基礎物理学研究所教授、1954年...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガミヤ タケオ
人物別名 永宮健夫
生年 1910年
没年 2006年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
磁性の理論 永宮 健夫【著】 吉岡書店
2002.3.1
磁性の理論 永宮 健夫【著】 吉岡書店
1987.10.25
結晶学概論 W.L.ブラッグ 著 ; 永宮健夫, 細谷資明 訳 岩波書店
1978.3
材料科学入門 ジョン・ウルフ 編 ; 永宮健夫 監訳 岩波書店
1968
材料科学入門 ジョン・ウルフ 編 ; 永宮健夫 監訳 岩波書店
1968
応用微分方程式論 永宮健夫 著 共立
1967
材料科学入門 ジョン・ウルフ 編 ; 永宮健夫 監訳 岩波書店
1967
材料科学入門 ジョン・ウルフ 編 ; 永宮健夫 監訳 岩波書店
1967
固体物理学 永宮健夫 等著 岩波書店
1966
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想