長倉 三郎   (1920-)

長倉 三郎(ながくら さぶろう、1920年10月3日 - )は、日本の化学者、文化勲章受章者。 [経歴] 静岡県駿東郡鷹根村(現沼津市)柳沢生まれ。 静岡県立沼津中学校を経て1943年東京帝国大学理学部化学科卒業。 東京大学放射線化学研究所をへて、1959年東大物性研究所教授。 81年定年となり、岡崎国立共同研究機構分子科学研究所所長、85年同研究機構長。 国際純正・応用化学連合会長、日本化学会会長を歴任、分子軌道論を用いて分子内・分子間の電荷移動理論を確立した。 78年日本学士院賞受賞。 1985年文化功労者、1990年文化勲章を受章。 2001年から2007年まで、第23代日本学士院院長...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ナガクラ サブロウ
人物別名 長倉三郎
生年 1920年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「複眼的思考」ノススメ : 調和が必要な変革の時代を迎えて 長倉三郎 著 くもん
2011.11
化学2 長倉三郎 [ほか] 著 東京書籍
2004.2
化学I 長倉三郎ほか編 東京書籍
2003.2
新編理科総合A 長倉三郎ほか著 東京書籍
2003.2
新編化学I 長倉三郎, 竹内敬人 [ほか] 著 東京書籍
2003.2
新編理科総合B 長倉三郎ほか著 東京書籍
2003.2
化学I 長倉三郎 [ほか] 編 東京書籍
c2003
新編化学I 長倉三郎, 竹内敬人ほか著 東京書籍
c2003
理科総合A : システムとしてみる自然 長倉三郎 [ほか] 著 東京書籍
2003.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想