武者小路 実篤   (1885-1976)

東京生まれ。作家。家は公家華族。学習院から東京帝国大学に進むが中退。学習院高等科時代に志賀直哉等を知る。明治43年(1910)志賀、有島武郎等と『白樺』を創刊し、精力的に作品を発表した。大正7年(1918)に『新しき村の生活』を発表し、宮崎県に共同生活の村を作り、14年(1925)までそこで生活。昭和12年(1937)芸術員会員。日本文学報国会劇文学部会長を務め、戦後公職追放となる。26年(1951)文化勲章を受章。代表作に『お目出たき人』『友情』『或る男』『心理先生』等。また、自ら美術展を創設するなど画業においても活躍した。

「近代日本人の肖像」より

武者小路 実篤(むしゃのこうじ さねあつ、1885年(明治18年)5月12日 - 1976年(昭和51年)4月9日)は、日本の小説家・詩人・劇作家・画家。 姓の武者小路は本来「むしゃのこうじ」と読むが、のちに「むしゃこうじ」に読み方を変更した。 しかし、一般には「むしゃのこうじ」で普及しており、本人も誤りだと糺すことはなかったという。 仲間からは「武者」(ムシャ)の愛称で呼ばれた。 位階は従三位。 文化勲章受章。 授与された称号には名誉都民などがある。 日本芸術院会員。 [来歴] 東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)に、藤原北家の支流・閑院流の末裔で江戸時代以来の公卿の家系である武者小...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムシャノコウジ サネアツ
人物別名 武者小路実篤

武者小路, 實篤

Mushakōji, Saneatsu
生年 1885年
没年 1976年
職業・経歴等 文学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
実篤がみた女性たち : 平成31年度春の特別展 調布市武者小路実篤記念館編 調布市武者小路実篤記念館
2019.4
釈迦 武者小路実篤 作 岩波書店
2017.5
「素直に楽しむ武者小路実篤と民藝」 : 秋の特別展 - 調布市武者小路実篤記念館
2017.10
伝記ものの世界 調布市武者小路実篤記念館 編 調布市武者小路実篤記念館
2016.4
画をかく喜び : 武者小路実篤画集 武者小路実篤[画] 武者小路実篤記念館
2016.10
画をかく喜び 武者小路実篤 [画] 調布市武者小路実篤記念館
2016.10
特別展「我が家の実篤作品展」 : 調布市制施行60周年・武者小路実篤記念館開館30周年記念 - 調布市武者小路実篤記念館
2015.10
小川洋子の陶酔短篇箱 小川洋子 編著 河出書房新社
2014.1
美の宝庫 - 調布市武者小路実篤記念館
2014.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想