村松 岐夫   (1940-)

村松 岐夫(むらまつ みちお、 1940年1月3日-)は日本の行政学者・政治学者。 京都大学名誉教授。 専門は行政学・地方自治論。 法学博士(京都大学、1984年)。 紫綬褒章受賞(2003年)。 静岡県掛川市出身。 長濱政壽に師事した(学部時代は商法の大隅健一郎に師事)。 文部科学省国立大学法人評価委員会委員長(第四期)。 2014年、瑞宝中綬章受章 [略歴] 1958年3月 静岡県立掛川西高等学校卒業 1962年3月 京都大学法学部卒業 [略歴] 1962年4月 京都大学法学部助手(政治学専攻 行政学講座) 1964年5月 京都大学法学部助教授(政治学専攻 行政学講座) 1976年3月...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムラマツ ミチオ
人物別名 村松岐夫
生年 1940年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大震災に学ぶ社会科学 [村松岐夫], [恒川惠市] [監修] 東洋経済新報社
2016.3
大震災に学ぶ社会科学 [村松岐夫], [恒川惠市] [監修] 東洋経済新報社
2016.5
大震災に学ぶ社会科学 村松岐夫, 恒川惠市 監修 東洋経済新報社
2015.5
大震災に学ぶ社会科学 [村松岐夫, 恒川惠市] [監修] 東洋経済新報社
2015.6
大震災に学ぶ社会科学 [村松岐夫, 恒川惠市] [監修] 東洋経済新報社
2015.7
大震災に学ぶ社会科学 [村松岐夫, 恒川惠市] [監修] 東洋経済新報社
2015.10
大震災に学ぶ社会科学 [村松岐夫, 恒川惠市] [監修] 東洋経済新報社
2015.11
大震災に学ぶ社会科学 [村松岐夫], [恒川惠市] [監修] 東洋経済新報社
2015.12
戦後とは何か 渡邉昭夫, 村松岐夫, 大嶽秀夫, 牧原出, 成田龍一 著 ; 福永文夫, 河野康子 編 丸善
2014.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想