村上 陽一郎   (1936-)

村上 陽一郎(むらかみ よういちろう、1936年9月9日 - )は、日本の科学史家・科学哲学者、東京大学名誉教授、国際基督教大学名誉教授。 [人物] 科学史研究者としての専門は物理学史であり、『ペスト大流行』で感染症を解決しようと試みる科学者の試行錯誤を描き出しただけでなく、科学哲学の考察を加えた。 「安全学」という言葉を作り、関連著書を出版している。 [略歴] 東京都立日比谷高等学校を卒業。 1962年東京大学教養学部科学史科学哲学分科卒業。 1968年同大学院人文科学研究科比較文学比較文化専攻博士課程単位取得満期退学。 1965年上智大学理工学部助手、1971年同助教授、1973年東京...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムラカミ ヨウイチロウ
人物別名 村上陽一郎
生年 1936年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
顕在化する課題と新たな挑戦 : 科学技術と知の精神文化 科学技術振興機構社会技術研究開発センター【編】 丸善プラネット
丸善出版
2018.2.28
"死"の臨床学 : 超高齢社会における「生と死」 村上 陽一郎【著】 新曜社
2018.3.12
移りゆく社会に抗して 村上陽一郎 著 青土社
2017.7
村上陽一郎の科学論 柿原泰, 加藤茂生, 川田勝 編 新曜社
2016.12
科学は未来をひらく 村上陽一郎, 中村桂子, 佐藤勝彦, 高薮縁, 西成活裕, 長谷川眞理子, 藤田紘一郎, 福岡伸一 著 筑摩書房
2015.3
科学の本一〇〇冊 村上陽一郎 著 河出書房新社
2015.12
エリートたちの読書会 村上陽一郎 著 毎日新聞社
2014.4
奇跡を考える 村上陽一郎 [著] 講談社
2014.12
科学技術と知の精神文化 科学技術振興機構社会技術研究開発センター 編 丸善プラネット
丸善出版
2013.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想