村上 弘   (1921-2007)

村上 弘(むらかみ ひろむ、1921年9月24日 - 2007年3月22日)は広島県因島市(現:尾道市)生まれの政治家。 第3代日本共産党委員長(中央委員会幹部会委員長)。 名誉役員。 元全逓信従業員組合大阪地方協会会長。 1972年の総選挙で大阪3区(分区前)から初当選、分区後も大阪3区から衆議院議員を通算4期務めた。 [来歴・人物] 10人兄弟の5番目の子として生まれる。 逓信省逓信官吏練習所行政科を卒業。 戦時中は兵士として広島にいたため原子爆弾の脅威を目の当たりにした。 1947年日本共産党入党。 1948年阪神教育事件で連帯の挨拶をしただけで首謀者とされ、占領政策違反で大阪刑務所に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ムラカミ ヒロム
人物別名 村上弘
生年 1921年
没年 2007年
職業・経歴等 労働運動家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本と世界の進歩をめざして 村上弘 著 新日本出版社
1989.6
人民的議会主義と政治革新の道 村上弘著 人民的議会主義と政治革新の道刊行委員会
1976.2
70年代政治革新への道 : 革新大阪府政の成果と課題 村上弘 編著 汐文社
1972
みんなせい一ぱいの青春 村上弘 [著] 日本共産党大阪府委員会
1972.6
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想