望田 幸男   (1931-)

望田 幸男(もちだ ゆきお、1931年 - )は、日本の歴史学者。 文学博士。 同志社大学名誉教授。 専門はドイツ近現代史。 山梨県甲府市生まれ。 京都大学大学院文学研究科博士課程修了。 [主要著作] 『比較近代史の論理―日本とドイツ』(ミネルヴァ書房、1970年) 『近代ドイツの政治構造―プロイセン憲法紛争史研究』(ミネルヴァ書房、1972年) 『軍国主義の歴史〈4〉1918年以後の軍国主義化』(福村出版、1974年) 『ドイツ統一戦争―ビスマルクとモルトケ』(教育社、1979年) 『軍服を着る市民たち―ドイツ軍国主義の社会史』(有斐閣、1983年)ISBN 9784641023789 『...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モチダ ユキオ
人物別名 望田幸男
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ドイツ史学徒が歩んだ戦後と史学史的追想 望田幸男著 本の泉社
2020.1
グローバルに考え、ローカルに行動する = Think Globally,Act Locally : あるドイツ現代史家の社会運動体験記 望田幸男 著 文理閣
2013.11
ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅 ラウル・ヒルバーグ 著 ; 望田幸男, 原田一美, 井上茂子 訳 柏書房
2012.3
ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅 ラウル・ヒルバーグ 著 ; 望田幸男, 原田一美, 井上茂子 訳 柏書房
2012.3
近代ヨーロッパの探究 望田幸男, 村岡健次 監修 ミネルヴァ書房
2012.9
近代ヨーロッパの探究 望田幸男, 村岡健次 監修 ミネルヴァ書房
2012.9
ドイツ史と戦争 : 「軍事史」と「戦争史」 三宅正樹, 石津朋之, 新谷卓, 中島浩貴 編著 彩流社
2011.11
二つの戦後・二つの近代 : 日本とドイツ 望田幸男 著 ミネルヴァ書房
2009.3
オックスフォードヨーロッパ近代史 T.C.W.ブランニング 編著 ; 望田幸男, 山田史郎 監訳 ミネルヴァ書房
2009.9
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想