李家 隆介   (1866-1933)

李家 隆介(りのいえ たかすけ、慶応2年8月(1866年) - 1933年7月23日)は、日本の内務官僚、政治家。 県知事、錦鶏間祗候、下関市長。 [経歴] 長州藩御典医・李家隆彦の長男として京都で生まれる。 京都府中学校、神田共立学校、大学予備門、第一高等中学校を経て、1890年7月、帝国大学法科大学政治科を卒業。 1891年4月、内閣試補となり、同年7月、内務省に転じ内務試補となった。 以後、大分県・富山県の各参事官、岡山県・神奈川県の各書記官などを歴任。 1902年12月、富山県知事に就任。 以後、石川県知事、静岡県知事、長崎県知事を歴任。 1917年3月、長崎県知事を辞任し退官。 同...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ リノイエ タカスケ
人物別名 李家隆介
生年 1866年
没年 1933年
職業・経歴等 内務官僚

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本立法資料全集 ラートゲン講述 ; 李家隆介, 山崎哲藏譯述 信山社
2006.5
政治学 : 一名・国家学 ラートゲン 述 ; 山崎哲蔵, 李家隆介 訳 明法堂
明24-26
政治学 : 一名・国家学 ラートゲン 述 ; 山崎哲蔵, 李家隆介 訳 明法堂
明24-26
政治学 : 一名・国家学 ラートゲン 述 ; 山崎哲蔵, 李家隆介 訳 明法堂
明24-26
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想