日比野 雷風   (1864-1926)

日比野 雷風(ひびの らいふう、1864年(元治元年) - 1926年(大正15年))は、日本の剣客。 神刀流の創始者。 本名正吉。 [経歴] 薩摩出身。 幼少時に父道義とともに江戸へ出る。 4歳のとき生活に困窮して父子ともに両国橋から飛び込もうとしたところ、菓子行商人山崎栄助に助けられる。 父は失踪し、栄助に育てられた。 13歳で武者修行に出るが、打ちのめされ、絶望して腹を切ろうとしたところ、通りかかった老人にひきとめられる。 この老人こそ父道義であったという。 埼玉県大里郡大里村の貴族院議員根岸武香の車夫となり、その後上京。 撃剣興行と剣舞で生活費を稼ぐ。 1890年(明治23年)ごろ、...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヒビノ ライフウ
人物別名 日比野雷風

日比野, 正吉
生年 1864年
没年 1926年
職業・経歴等 剣客

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
剣武術 : 武道根本 日比野雷風 (正吉) 著 博文館
明39.7
剣舞術 : 天下無敵 日比野雷風 (正吉) 著 学友館
明35.6
剣舞術教範 日比野正吉 著 博文館
明31.10
剣舞図解教範 : 神刀流独習 日比野正吉 著 魁真楼
明30.5
撃剣教育論 日比野正吉 著 神刀館
明24.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想