土岐 嘉平   (1875-1946)

土岐 嘉平(とき かへい、1875年2月 - 1946年3月22日)は、日本の内務官僚・政治家。 府県知事、北海道庁長官、京都市長。 [経歴] 和歌山県出身。 土岐綱右衛門の二男として生まれる。 第三高等学校を経て、1901年、東京帝国大学法科大学政治学科を優等で卒業し、銀時計を授与された。 1901年11月、文官高等試験行政科試験に合格。 内務省に入り土木局に配属された。 以後、山梨県参事官、内務省書記官、同参事官、大阪府内務部長などを歴任。 1914年6月、高知県知事に就任。 その後、石川県知事、関東庁事務総長、大阪府知事を経て、1923年9月、北海道庁長官に就任。 1925年9月まで在...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トキ カヘイ
人物別名 土岐嘉平
生年 1875年
没年 1946年
職業・経歴等 内務官僚

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
財政学 土岐嘉平 述 東京法学院
[明35]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想