鳥山 啓   (1837-1914)

鳥山 啓(とりやま ひらく、天保8年8月25日(1837年9月24日) - 大正3年(1914年)2月28日)は、紀伊田辺藩(現和歌山県田辺市)出身の博物学者、教育者、作詞家。 南方熊楠の恩師であり、「軍艦(軍艦行進曲)」の作詞者としても知られる。 [生涯] 天保8年8月25日(1837年9月24日)、田辺の大庄屋田所佐平の次男として生まれる。 幼名は象次郎。 名を為助、字を明郷とした。 田辺藩士鳥山純昭の養子となり、藩主安藤直裕の近従として召し出される。 8歳の頃から真砂丈平から漢学を、医師石田三郎から本草学を学び、15歳からは和歌山に出て本居内遠と熊代瑞穂に就き国学を修め、その傍らで天文...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トリヤマ ヒラク
人物別名 鳥山啓

とりやま, ひらく

鳥山, 次郎

鳥山, 為助

鳥山, 明卿

鳥山, 百峡

鳥山, 啓明堂
生年 1837年
没年 1914年
職業・経歴等 作詞家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
琵琶歌古今集 岡崎桜洲 編・作曲 ; 千葉胤明, 鳥山啓 閲 益農書房
明44.12
最新琵琶歌聚英 岡崎桜洲 著 ; 高崎正風, 鳥山啓 閲 博文館
明44.12
最新琵琶歌聚英 岡崎桜洲 著 ; 高崎正風, 鳥山啓 閲 博文館
明44.12
長庚舎歌文集 鳥山啓 著 鳥山啓
明42,43
長庚舎歌文集 鳥山啓 著 鳥山啓
明42,43
新曲四條畷 [鳥山啓作歌 ; 恒川鐐之助作曲] 前川書店
啓成社
1906.6
和歌山県周遊唱歌 鳥山啓 著 ; 前田久八 曲 津田万寿堂
明34.7
皇國新軍歌 恒川鐐之助 [ほか] 著 田中宋栄堂
1901.3
日本陸軍 : 合唱付 : 軍歌 ; 軍艦行進曲 : 軍歌 大和田建樹, 藤田まさと作詞 ; 開成館編輯部作曲 ; 細田定雄編曲 ; 東海林太郎 [獨唱] ; [日本ポリドール合唱團合唱] ; 日本ポリドール管絃樂團 [伴奏] ; 鳥山啓作詞 ; 瀬戸口藤吉作・編曲 ; 東海林太郎 [獨唱] ; 日本ポリドール管絃樂團 [伴奏] ; [瀬戸口藤吉指揮] Polydor
[19--]
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想