大塚 楠緒子   (1875-1910)

大塚 楠緒子(おおつか くすおこ/なおこ、1875年8月9日 - 1910年11月9日)は明治末に活躍した歌人、作家。 美学者・大塚保治の妻。 本名:大塚久寿雄。 別名:久寿雄子・楠緒・楠緒子。 [生涯] 東京控訴院長・大塚正男の長女。 麹町の富士見小学校出身。 東京女子師範附属女学校を卒業後、佐佐木弘綱・信綱の元で和歌を学んだ。 1895年、小屋保治と結婚(保治は大塚姓になった)。 夫が留学中、英語を明治女学校で学ぶほか、絵画を橋本雅邦に師事、ピアノや料理なども学んだ。 雑誌『太陽』1905年1月号に日露戦争に出征した夫の無事を祈る妻の心情を歌った「お百度詣」を発表した。 また万朝報や朝日...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ オオツカ クスオコ
人物別名 大塚楠緒子

大塚, 久寿雄

大塚, 楠緒
生年 1875年
没年 1910年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「新編」日本女性文学全集 大塚楠緒子 ほか著 ; 吉川豊子 編 ; 岩淵宏子, 長谷川啓 監修 星雲社
菁柿堂
2011.1
小説青燈集 新詩社 編 人間文化研究機構国文学研究資料館
平凡社
2008.3
明治の女流文学 : 翻訳編 川戸道昭, 榊原貴教 編 五月書房
2000.10
君死にたまふことなかれ(Kimi shi ni tamou koto nakare) 作曲, 吉田隆子 者不明
[200-]
晴小袖 大塚楠緒子 著 ゆまに書房
1999.12
大塚楠緒子 著 ゆまに書房
1999.12
君死にたまふことなかれ(Kimi shi ni tamou koto nakare) 与謝野晶子詩 ; 作曲, 吉田隆子 音楽の世界社
1981.11
樋口一葉集 : 附明治女流文學 樋口一葉 [ほか] 著 講談社
1980.5
樋口一葉・明治女流文學・泉鏡花集 樋口一葉 [ほか] 著 筑摩書房
1972.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想