森 幸太郎   (1889-1964)

森 幸太郎(もり こうたろう、1889年7月20日 - 1964年2月4日)は、昭和期の日本の政治家。 衆議院議員、農林大臣、滋賀県知事などを歴任。 [生涯] 滋賀県東浅井郡竹生村(現在の長浜市)出身。 1905年に長浜農学校を卒業後、家業の農業・蚕種製造・水産業などを行っていたが、政治の世界を志して竹生村長となり、1917年には38歳で立憲政友会より滋賀県会議員となり2期務める。 1936年の第19回衆議院議員総選挙で滋賀県選挙区から立憲政友会の公認で立候補して当選するが、3期目を目指した1942年の第21回衆議院議員総選挙では大政翼賛会の推薦を受けずに立候補して落選した。 戦後、鳩山一郎...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ モリ コウタロウ
人物別名 森幸太郎
生年 1889年
没年 1964年
職業・経歴等 閣僚経験者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
訪米三ケ月 : 新生日本農業の活路 序説 森幸太郎 著 振興社
1951
琵琶湖築堤ト水産業 森幸太郎 編 滋賀県水産組合
昭11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想