団 まりな   (1940-2014)

団 まりな(だん まりな、1940年(昭和15年) - 2014年(平成26年)3月13日)は、日本の生物学者。 東京都生まれ。 生物学者團勝磨と團ジーン夫妻の娘。 本姓・惣川。 。 1963年東京都立大学理学部生物学科卒業。 1963年京都大学大学院理学研究科動物学専攻修士課程入学、1969年同博士課程修了、1970年「微量電気泳動法の新技術」で理学博士。 1970年大阪市立大学理学部助手、同大学教授、退官後、階層生物学研究ラボ責任研究者。 専攻は発生生物学、理論生物学、進化生物学。 [著書] 『動物の系統と個体発生』東京大学出版会、1987 『生物の複雑さを読む 階層性の生物学』平凡社・...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ダン マリナ
人物別名 団まりな

惣川, まりな
生年 1940年
没年 2014年
職業・経歴等 教員
をも見よ 惣川, まりな(1940-)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
性と進化の秘密 団まりな [著] 角川グループパブリッシング
角川学芸
2010.8
細胞の意思 団まりな 著 日本放送出版協会
2008.7
目でみる生物学 石原勝敏, 浅尾哲朗, 団まりな, 山口征矢, 弥益恭 共著 培風館
2006.12
性のお話をしましょう 団まりな 著 哲学書房
2005.2
目でみる生物学 石原勝敏 [ほか]共著 培風館
1999.7
脳が語る身体 養老孟司 ほか著 青土社
1999.8
生物のからだはどう複雑化したか 団まりな 著 岩波書店
1997.12
生物の複雑さを読む 団まりな 著 平凡社
1996.2
生理時計 G.G.ルース [著] ; 団まりな 訳 思索社
1991.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想