水野 亮   (1902-1979)

水野 亮(みずの あきら、1902年11月18日 - 1979年2月14日)は、フランス文学者、翻訳家。 長野県北佐久郡出身。 1926年東京帝国大学仏文科卒、東大図書館に勤務しつつ、オノレ・ド・バルザックを主として数多くの翻訳を行った。 豊島与志雄の『レ・ミゼラブル』の翻訳の誤訳や脱漏を指摘し、豊島に喜ばれ、自らの翻訳を刊行した。 明治大学では非常勤講師、中央大学では専任講師としてフランス語を教えた。 バルザック研究者としての子弟関係にあった私市保彦(武蔵大学名誉教授)との縁故により、武蔵大学に蔵書が水野文庫として遺贈された。 [著書] 仏蘭西写実主義 バルザック、フローベル、ゾラ 生活社...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミズノ アキラ
人物別名 水野亮
生年 1902年
没年 1979年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ちくま文学の森 安野光雅, 森毅, 井上ひさし, 池内紀 編 筑摩書房
2010.9
戸川幸夫, ジャック・ロンドン, バルザック 著 ; 瀧川元男, 水野亮 訳 ポプラ社
2010.10
「絶対」の探求 バルザック 著 ; 水野亮 訳 ゆまに書房
2008.2
脂肪のかたまり モーパッサン 作 ; 高山鉄男 訳 岩波書店
2004.3
従妹ベット バルザック 著 ; 平岡篤頼 訳 新潮社
1968.2(11刷:1998.10)
「絶対」の探究 バルザック 作 ; 水野亮 訳 岩波書店
1995.2
農民 バルザック 作 ; 水野亮 訳 岩波書店
1995.3
農民 バルザック 作 ; 水野亮 訳 岩波書店
1995.3
海辺の悲劇 : 他三篇 バルザック 作 ; 水野亮 訳 岩波書店
1994.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想