別所 直樹   (1921-1992)

別所直樹(べっしょ なおき、1921年8月16日 -1992年)は、詩人、評論家。 シンガポールにて生まれる。 原籍地は宮城県。 母の築地藤子は、アララギの歌人であり、斎藤茂吉、島木赤彦などと親交があり同時代に活動していた。 上智大学経済学科卒業後、新聞、雑誌記者を経て文筆生活に入る。 1938年頃から「アララギ」に短歌を寄せ、土屋文明の門にあったが、同時に現代詩にも手を染め、次第に短歌から遠ざかる。 「日本詩壇」「若草」に投稿。 1943年太宰治の知遇を得、その死までの5年間を師事する。 「鱒」「詩行動」「新日本詩人」「文学者」にも寄稿。 「灰」主宰。 太宰治との親交にかかわる逸話として、戦...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ベッショ ナオキ
人物別名 別所直樹
生年 1921年
没年 1992年
職業・経歴等 詩人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
別所直樹詩選集 別所美江子 編 別所直樹詩選集刊行会
1996.11
太宰治のことば 別所直樹著 新文学書房
1979.3
太宰治失意の遺書 別所直樹 著 世紀社
1974
自殺の美学 別所直樹 著 日芸
1972
はなやかな才女たち 別所直樹 著 虎見書房
1971
断章・太宰治 別所直樹 編著 世界書院
1971
西勝造伝 別所直樹著 西会
1971.11
けちんぼ博物誌 別所直樹 著 合同美術
1969
太宰治 : 人と作品 別所直樹 著 清風書房
1969
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想