宮田 登   (1936-2000)

宮田 登(みやた のぼる、1936年10月14日 - 2000年2月10日)は民俗学者。 元日本民俗学会会長。 国文学者の藤沢袈裟夫は実父。 [来歴・人物] 神奈川県横浜市生まれ。 1960年東京教育大学文学部卒業。 同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。 東京教育大学助手、東京学芸大学助教授、筑波大学助教授、同教授を経て、退官後、神奈川大学教授。 国立歴史民俗博物館客員教授などもつとめた。 文学博士。 博士論文は「ミロク信仰の研究 : 日本における伝統的メシア観」。 筑波大学助教授時代、大塚英志に対し、口頭試問で「君の発想はジャーナリスティックすぎて学問には向かない」と述べて、大学院への...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤタ ノボル
人物別名 宮田登
生年 1936年
没年 2000年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
民衆史の遺産 谷川健一, 大和岩雄 責任編集 大和書房
2017.1
歴史と民俗のあいだ 宮田登 著 吉川弘文館
2017.10
山と里の信仰史 宮田登 著 吉川弘文館
2017.10
俗信と仏教 宮田登, 坂本要編 名著
2016.5
青森ねぶた誌 宮田登, 小松和彦 監修 青森市
2016.8
列島文化再考 網野善彦, 塚本学, 坪井洋文, 宮田登 著 筑摩書房
2015.5
日本王権論 網野善彦, 宮田登, 上野千鶴子 著 春秋社
2014.5
民衆史の遺産 谷川健一, 大和岩雄 責任編集 大和書房
2014.11
三省堂年中行事事典 田中宣一, 宮田登 編 三省堂
2012.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想