歌川 国峰   (1861-1944)

歌川 国峰(うたがわ くにみね、文久元年〈1861年〉 - 昭和19年〈1944年〉)とは、明治から昭和時代にかけての浮世絵師、日本画家。 [来歴] 二代目歌川国久の門人でその次男。 姓は勝田、名は銀之助。 画姓として歌川を使用し、国峰、梅蝶楼と号す。 明治年間に主に挿絵を描き、明治18年刊行の『当世書生気質』(坪内逍遥作)の口絵、同年の『怪談牡丹灯籠』(三遊亭円朝作)の挿絵を描いたことで知られている。 晩年は鎌倉に住み肉筆画を専ら描いた。 享年84。 [作品] 「弓矢持つ馬上の武士」 肉筆 [参考文献] 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年 [...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ウタガワ クニミネ
人物別名 歌川国峰

歌川, 国峯

一立斎, 国峯

一立斎, 国峰

勝田, 銀之助

国峰

梅蝶楼

歌川
生年 1861年
没年 1944年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
絵本通俗名誉軍談 木戸鉊之介 編 ; 歌川国峯 画 文求堂
明21.4
今人名誉百首 隅田園雪塘 編 ; 一立斎国峯 画 金松堂
明治20
千代誉筑紫女松 竹葉舎晋升 著 鶴鳴堂
明19.11
怪談牡丹燈籠 三遊亭圓朝 演述 ; 若林カン藏 筆記 文事堂
1886
怪談牡丹灯籠 三遊亭円朝 演述 ; 若林玵蔵 筆記 文事堂
1886 5版
英国孝子ジョージスミス之伝 : 西洋人情話 三遊亭円朝 演述 ; 若林玵蔵 筆記 速記法研究会
明18
雲霧五人男 春錦亭柳桜 口演 ; 伊東橋塘 編 ; 歌川国峯 画 東京金玉出版社
明17-18
雲霧五人男 春錦亭柳桜 口演 ; 伊東橋塘 編 ; 歌川国峯 画 東京金玉出版社
明17-18
塩原多助一代記 : 円朝叢談 三遊亭円朝 演述 ; 若林玵蔵 筆記 速記法研究会
明17-18
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想