三宅 艶子   (1912-1994)

三宅 艶子(みやけ つやこ、1912年11月23日 - 1994年1月17日)は、日本の作家、評論家。 昆虫学者・三宅恒方と作家・三宅やす子の娘として東京府に生まれ、文化学院に学ぶ。 阿部金剛と結婚後は阿部 艶子を名乗るが、1958年以後は旧姓の三宅を使用した。 おしゃれ、男女関係、女性の生き方などについて文筆活動を行い、テレビにもよく出演し、人生相談の回答などをした。 1960年代には、アジア・アフリカ作家会議日本評議会の事務長代理もつとめた。 [家族・交友] 娘の三宅菊子は母と同じく作家となり、広津和郎の松川事件取材に同行し、被告の一人と結婚した。 息子は彫刻家の阿部鷲丸(母の代から宇野...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤケ ツヤコ
人物別名 三宅艶子

阿部, 艶子
生年 1912年
没年 1994年
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
おやつ 阿川佐和子, 阿部艶子, 荒川洋治, 安野モヨコ, 池波正太郎, 伊集院光, 五木寛之, 井上靖, 内館牧子, 内田百閒, 江國香織, 尾辻克彦, 開高健, 角田光代, 木皿泉, 久住昌之, 久保田万太郎, 幸田文, 小島政二郎, 酒井順子, 佐藤愛子, 獅子文六, 柴崎友香, 東海林さだお, 武田百合子, 辰野隆, 種村季弘, 團伊玖磨, 筒井ともみ, 長嶋有, 中村汀女, 蜂飼耳, 林望, 藤森照信, 古川緑波, 三浦哲郎, 南伸坊, 向田邦子, 村上春樹, 森茉莉, 森村桂, 矢川澄子 著 パルコエンタテインメント事業部
2014.2
比島日記 阿部艶子 著 ゆまに書房
2002.9
女として考えること 三宅艶子 著 大和書房
1987.9
生きてゆくことの愛 三宅艶子 著 大和書房
1986.3
ハイカラ食いしんぼう記 三宅艶子 著 中央公論社
1984.10
ハイカラ食いしんぼう記 三宅艶子 著 じゃこめてい
1980.8
食いしんぼうの絵本 : お料理魔術の勉強ア・ラ・カルト 三宅艶子 文 ; 上条滝子 絵 じゃこめてい
1979.4
生きてゆくことの愛 : ただひとりの存在のために 三宅艶子 著 大和書房
1977.5
女として考えること : ひとは愛に何を求めるか 三宅艶子 著 大和書房
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
風俗と化粧 三宅 艶子
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想