依田 孝   (1851-1903)

依田 孝(よだたかし、1851年(嘉永4年)4月11日 - 1903年(明治36年)5月29日)は、日本の政治家。 [略歴] 甲斐国巨摩郡市川大門村(山梨県西八代郡市川三郷町、旧同郡市川大門町)に生まれる。 生家の依田家は酒造業を営む家柄。 1873年(明治6年)に依田は副区長となる。 明治維新後の山梨県では県令藤村紫朗の主導する殖産興業が実施され、道路開削や官業製糸場の建設など県庁主導による諸政策が実施されていたが、明治10年代には全国的な自由民権運動の隆盛と連動して山梨県においても豪農層や名望家らが中心となり民権運動を展開し、藤村県政への批判が噴出した。 依田は1877年(明治10年)に...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ヨダ タカシ
人物別名 依田孝

芦の舎主人
生年 1851年
没年 1903年
職業・経歴等 立候補経験者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
[衆議院議員ニ関スル]意見書 依田孝 著 依田孝
明23.6
孔門百言 依田孝 著 金港堂
明22.6
桜 : 日本の桜・東京の花 依田孝 (芦の舎主人) 著 天野書舗
明22.5
一夫一婦論 : 経国基本 依田孝 編 温故堂
明20.8
学事表簿取調心得註釈 渡辺丹三郎 編 ; 依田孝 閲 徴古堂
明17.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想