宮家 準   (1933-)

宮家 準(みやけ ひとし、1933年9月22日 - )は、東京府出身の宗教学者。 文学博士。 専門は修験道研究。 旧姓藤井。 慶應義塾大学名誉教授、國學院大學大学院文学研究科講師、日本宗教学会常務理事、日本山岳修験学会名誉会長、神道宗教学会監事、日本道教学会理事。 2012年宗教法人修験道管長、法首およびその総本山五流尊瀧院第37代住職。 父母は共に岡山県出身。 後鳥羽上皇皇子頼仁親王以来男系血脈の宮家家を継ぐため、父の弟の養子となった。 実兄の藤井隆は立正大学教授。 義兄の宮家道玄は五流尊瀧院先代住職、宗教法人修験道前管長、前法首。 [略歴] 1956年、慶應義塾大学文学部哲学科卒業。 1...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤケ ヒトシ
人物別名 宮家準

Miyake, Hitoshi
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
富士山 : 信仰と表象の文化史 H・バイロン・エアハート著 ; 井上卓哉訳 慶應義塾大学出版会
2019.4
霊山と日本人 宮家準 [著] 講談社
2016.2
宗教民俗学 宮家準著 EBSCO
2016.11
民俗宗教と日本社会 宮家準著 EBSCO
2016.11
修験道小事典 宮家準 著 法蔵館
2015.1
修験道と児島五流 宮家準 著 岩田書院
2013.9
修験道の地域的展開 宮家準 著 春秋社
2012.2
修験道 : その伝播と定着 宮家準 著 法蔵館
2012.10
山岳修験への招待 宮家準 編 新人物往来社
2011.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想