宮川 実   (1896-1985)

宮川 實(みやかわ みのる、1896年2月19日 - 1985年10月21日)は、マルクス経済学者。 「宮川 実」とも。 山口県出身、東京帝国大学卒業。 河上肇に師事。 和歌山高等商業学校教授を経て、1939年立教大学教授。 1942年治安維持法違反により入獄。 戦後立教大学に復職、労働者教育協会会長を務めた。 [著作] [著作] 『経済学入門』研進社、1948年 『資本論講義』(全4巻+別巻)青木書店、1969年 [著作] (河上肇 著、宮川実 解題)『第二貧乏物語』三一書房、1948年 [著作] カール・マルクス『経済学批判』叢文閣、1926年 『カントに於ける弁証法』(マルキシズ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤカワ ミノル
人物別名 宮川実
生年 1896年
没年 1985年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新篇恐慌と産業循環 宮川実 著 社会科学書房
1993.4
新経済学講義 宮川実 著 社会科学書房
1985.7
賃金の理論 宮川実 著 社会科学書房
1984.1
搾取の理論 宮川実 著 社会科学書房
1984.6
恐慌と産業循環 宮川実 著 社会科学書房
1984.11
新経済学入門 : 諸社会の経済的発展法則 宮川実 著 社会科学書房
1983.9
資本論 カール・マルクス [著] ; 宮川実 訳 あゆみ
1982.4
資本論 カール・マルクス [著] ; 宮川実 訳 あゆみ
1982.10
資本論 カール・マルクス [著] ; 宮川実 訳 あゆみ
1982.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想