宮 健三   (1940-)

宮 健三(みや けんぞう、1940年(昭和15年) - )は、日本の工学者、工学博士。 東京大学名誉教授。 日本保全学会理事長。 専門分野は原子力工学、保全工学、核融合工学、電磁構造工学。 現在は原子力推進の立場から学会を中心に活動をおこなっている。 [略歴] 1964年 - 東京大学工学部卒業 1969年 - 東京大学工学系大学院原子力工学専攻博士課程修了、工学博士 論文の題は「低サイクル疲労破壊の発生と伝播に関する歪論的研究 」。 1983年 - 東京大学工学部(原子力工学研究施設)教授 2001年 - 東京大学定年退官、東京大学名誉教授 2003年 - 日本保全学会会長 2014年 -...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミヤ ケンゾウ
人物別名 宮健三

Miya, Kenzo

Kenzo Miya
生年 1940年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
英単語の木 : 中学レベル完結編 知求クラブ 著 ; 宮健三 監修 Jリサーチ
2007.11
材料劣化の電磁解明と電磁非破壊検査 宮健三, 高木敏行, 中曽根祐司 編著 日本AEM学会事務局
2001.10
核融合炉高温超電導マグネットに関する工学的基礎研究 研究代表者 宮健三 宮健三
2001.3
超電導の数理と応用 宮健三, 吉田義勝 編著 養賢堂
1997.2
核融合エネルギーのはなし 近藤育朗 ほか著 日刊工業新聞社
1996.12
プラズマ不安定性抑制への高温超電導体の応用 研究代表者宮健三 宮健三
1996.6
解析電磁気学と電磁構造 宮健三 著 養賢堂
1995.11
磁場の可視化とその応用に関する研究 研究代表者宮健三 宮健三
1992
磁場中における液体金属の動的挙動に関する研究 研究代表者宮健三 宮健三
1985
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想