三浦 関造   (1883-1960)

三浦 関造(みうら かんぞう、1883年7月15日 - 1960年3月30日)は、日本のキリスト教徒、翻訳家。 [経歴] 福岡県生まれ。 福岡師範学校、青山学院神学部卒業。 日本メソジスト教会の牧師になり、弘前市で1年間牧師を務めた。 『六合雑誌』などで活動し、トルストイ、ドストエフスキーなどの翻訳、タゴールの研究を行った。 戦後は統覚の行をおこないヨガを研究実践、『至上我の光』を発刊した。 [著書] 埋れし世界 神秘主義 (更新文学社 1916年) 社会的の自己実現教育進化の六千年 (隆文館図書 1917年) 小学教師としてのトルストイ (隆文館図書 1917年) 教育文学十講 (隆文館...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミウラ カンゾウ
人物別名 三浦関造

三浦, 關造
生年 1883年
没年 1960年
職業・経歴等 翻訳家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
創作親鸞 三浦関造著 同朋舎新社
2018.5
至高者の歌 三浦関造 訳 竜王文庫
2013.6
聖シャンバラ : 綜合ヨガ 三浦関造 著 竜王文庫
2010.2
輝く神智 : ヒーラー(秘教治療家)の為の秘伝 三浦関造 著 竜王文庫
2008.8
親鸞 : 創作 三浦関造 著 竜王文庫
2006.7
親鸞 : 創作 三浦関造 著 竜王文庫
2006.9
霊性の体験と認識 : 日本より全人類へ 三浦関造 著 竜王文庫
2005.5
神の化身 三浦関造 著 竜王文庫
1999.12(15版)
至高者の歌 : ヨガ聖典ギータ 三浦関造訳 竜王文庫
1982
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想