三隅 二不二   (1924-2002)

三隅 二不二(みすみ じゅうじ/じふじ、1924年(大正13年)3月21日 - 2002年(平成14年)5月31日)は、日本の心理学者。 専攻は社会心理学。 文学博士。 元九州大学教授、大阪大学名誉教授、筑紫女学園大学・短期大学元学長。 財団法人集団力学研究所初代所長。 [人物] 福岡県出身。 クルト・レヴィンによって創始されたグループ・ダイナミックス(集団力学)を日本に紹介し、その普及と発展に力を注いだ。 リーダーシップをパフォーマンスとメンテナンスの2つの機能の複合として捉えるPM理論で世界的に知られる。 日本グループ・ダイナミックス学会の設立に尽力し、2代目会長に就任。 以来、長きに渡...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミスミ ジュウジ
人物別名 三隅二不二
生年 1924年
没年 2002年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
リーダーシップと安全の科学 原子力安全システム研究所社会システム研究所 編 ; 三隅二不二 監修 ナカニシヤ
2001.4
臨床看護行動の科学 - 学習研究社
1995.1
リーダーシップの行動科学 三隅二不二 編著 朝倉書店
1994.9
日本の企業システム : リーディングス 伊丹敬之 ほか編 有斐閣
1993.5
組織におけるリーダーシップと意思決定に関する研究 三隅二不二[ほか著] 社不明
1992.3
現代社会心理学の発展 三隅二不二, 木下富雄 編 ナカニシヤ
1991.7
人間関係論 三隅二不二 編著 放送大学教育振興会
1991.3
自然災害発生時における地域住民の潜在的ネットワークに関する実証的研究 研究代表者三隅二不二 奈良大学
1991.3
伊東市における災害民俗に関する調査研究成果報告書 : 自然災害発生時における地域住民の潜在的ネットワークに関する実証的研究 三隅二不二研究代表 者不明
[199-]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想