峯村 光郎   (1906-1978)

峯村光郎(みねむら てるお、1906年6月26日-1978年2月18日)は、日本の法学者、慶應義塾大学名誉教授。 長野県上水内郡水内村(現長野市)出身。 旧制長野中学(長野県長野高等学校)を経て慶大法学部卒。 慶大助教授、1938年教授。 72年定年退任、名誉教授、國學院大學教授。 法哲学、経済法、労働法。 日本法哲学会理事長、公労委会長。 1976年勲一等瑞宝章叙勲。 [著書] 『法律学序説』巌松堂 1936 『戦時国家の経済法』千倉書房 1937 『経済統制法』三笠書房 1938 法律学全書 『法律哲学要講』金文堂書店 1940 『統制経済法』慶応出版社 1941 『法と統制經...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミネムラ テルオ
人物別名 峯村光郎
生年 1906年
没年 1978年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1999.5
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1997.9
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1996.3
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1995.3
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1994.5
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1993.5
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1992.5
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1991.8
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1990.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想