三村 征雄   (1904-1984)

三村 征雄(みむら ゆきお、1904年11月22日 - 1984年10月16日)は、日本の数学者。 [来歴] 東京都出身。 陸軍大将・島川文八郎の三男として産まれ、三村家の養子となる。 府立四中、一高を経て、1931年東京帝国大学理学部数学科卒業。 東京大学教授、のち名誉教授。 理学博士。 [人物] 戦後の日本数学界において、指導的立場にあった人物の一人と言われる。 著作はそれぞれの分野の代表的文献とされるものが多い。 特に岩波全書の『微分積分学I、II』は、掛谷宗一の同全書『微分学』『積分学』を継承する本として有名である。 [著書] 『位相解析』(共立出版) 『現代数学概説II』(河田...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミムラ ユキオ
人物別名 三村征雄
生年 1904年
没年 1984年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
微分積分学 三村征雄 著 岩波書店
1973
微分積分学 三村征雄 著 岩波書店
1970
現代数学概説 弥永昌吉 等著 岩波書店
1961-65
高等数学教程 スミルノフ [著] ; 彌永昌吉 [ほか] 飜訳監修 ; 福原満洲雄訳者代表 共立
1958.5-1962.10
位相解析 三村征雄〔著〕 共立
[1957]
幾何学的函数論 ; 位相解析 ; 非線型問題 : 強制振動論 遠木幸成 〔著〕 ; 三村征雄 〔著〕 ; 古屋茂 〔著〕 共立
1957
位相解析 三村征雄著 共立
1957.12
位相解析 三村征雄 [著] 共立
1957.12
代数学と幾何学 : 大学演習 三村征雄 編 裳華房
1956
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
連続群論 三村 征雄
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想