三木 亘   (1925-)

三木 亘(みき わたる、1925年 - )は日本の歴史学者、中東学者。 慶應義塾大学名誉教授。 専門は中東歴史生態学、民族生薬学、世界史学など。 東京大学文学部西洋史学科を卒業後、都立高校教員となり東京都立深川高等学校、東京都立大学附属高等学校などで歴史学を教える。 その後、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授となった後に、慶應義塾大学文学部教授に就任する。 同大学の名誉教授として退職後は、静岡精華短期大学教授を歴任した。 [著書] 『世界史の第二ラウンドは可能か』(これからの世界史2)平凡社、1998年) [共編著] 『イスラム世界の人びと(5)都市民』山形孝夫共編、東洋経済...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミキ ワタル
人物別名 三木亘
生年 1925年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
悪としての世界史 三木亘 著 文芸春秋
2016.8
悪としての世界史 三木亘 著 三木亘著作選編集委員会
2013.10
トルコとは何か 澁澤幸子, 永田雄三, 三木亘 [対談] ; 鈴木董, 内藤正典, 坂本勉 [ほか著] 藤原書店
2008.5
地中海世界のイスラム : ヨーロッパとの出会い W.モンゴメリ・ワット 著 ; 三木亘 訳 筑摩書房
2008.5
世界史の第二ラウンドは可能か : イスラム世界の視点から 三木亘 著 平凡社
1998.9
東アジアの本草と博物学の世界 山田慶児 編 思文閣
1995.7
東アジアの本草と博物学の世界 山田慶児 編 思文閣
1995.7
公家と武家 : その比較文明史的考察 村井康彦 編 思文閣
1995.10
「ちょっと自叙伝」風小論 : 三木先生古希の会記念 三木亘 [著] 私製
-
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想