壬生 台舜   (1913-2002)

壬生 台舜(みぶ たいしゅん、1913年9月24日 - 2002年6月13日)は、日本の仏教学者、浅草寺第26世貫首。 大正大学仏教学部卒業、文学博士。 大正大学教授等を務めた。 専門は天台教学、仏教学。 [主な著作] 『般若心経』(宝文館、1963、改訂版1971) 『叡山の新風 山家学生式〈最澄〉 入唐求法巡礼行記〈円仁〉』(筑摩書房、1967) 『観音経講話』(教育新潮社、1971) 『仏教思想 仏教十八章』(大正大学選書7、第一書房発行、1983) 『いかに死を捉えるか』(大蔵出版、1985) 『最澄のこころ』(大蔵出版、1987) 『金光明経 佛典講座』(大蔵出版、1987、新装...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ミブ タイシュン
人物別名 壬生台舜

Mibu, Taishun
生年 1913年
没年 2002年
職業・経歴等

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
金光明経 壬生台舜 著 大蔵
2006.3
最澄のこころ 壬生台舜 著 大蔵
1987.6
仏典講座 壬生 台舜【著】〔ミブ タイシュン〕 大蔵
1987.8
いのち : 生と死をみつめて 壬生台舜 ほか著 第一書房
1987.8
いかに死を捉えるか 壬生台舜 著 大蔵
1985.12
仏教の歴史と思想 : 壬生台舜博士頌寿記念 壬生台舜博士頌寿記念論文集刊行会 編 大蔵
1985.2
であい 竹中信常 ほか著 大正大学出版部
1984.3
仏教思想 : 仏教十八章 壬生台舜 著 大正大学出版部
1983.6
竜樹教学の研究 壬生台舜 編 大蔵
1983.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想