松浦 保   (1931-)

松浦 保(まつうら たもつ、1931年 - )は、日本の経済学者。 専門は経済学史 [来歴] 北海道札幌市生まれ 1956年慶應義塾大学経済学部卒 イタリア政府留学生として、ローマ大学に留学。 その後、ノルウェー・オスロ大学などにも留学 帰国後、慶應義塾大学経済学部助教授、同教授 1977年、論文の盗用を指摘され退職勧告を受ける。 入門書的なものであったため地位保全を求めて争う。 慶應義塾大学経済学部教授を退職し、ローマ大学ジーニ社会統計研究所研究員、アメリカ経済学史常任理事、ミラノ・ボッコーニ商科大学客員教授、イタリア国際電信電話会社日本代表、在日イタリア商工会議所専務理事、関東学園大学経...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツウラ タモツ
人物別名 松浦保
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
オリーブの風と経済学 : イタリア人の考え方 松浦保 著 日本経済評論社
2001.11
ケンブリッジ革命 マーク・ブローグ 著 ; 福岡正夫, 松浦保 訳 東洋経済新報社
1977.8
資本主義・社会性・参加 アミントレ・ファンファーニ 著 ; 松浦保 訳 日本放送出版協会
1977.4
経済学史 松浦保編著 法学書院
1977.12
経済思想史講義 柏崎利之輔, 松浦保 編 青林書院新社
1976
現代経済学の潮流 : 新しいパラダイムを求めて 松浦保 著 日本経済新聞社
1974
近代経済学再考 稲田献一, 岡本哲治, 早坂忠 編 有斐閣
1974
要説経済原論 松浦保 著 法学書院
1974
要説経済原論 松浦保 著 法学書院
1974
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想