松浦 一   (1881-1966)

松浦 一(まつうら はじめ、1881年1月25日 - 1966年8月13日)は、日本の英文学者、中央大学名誉教授。 [人物] 東京生まれ。 1905年東京帝国大学英文科卒。 同大学の講師を経て、1951年中央大学文学部教授、64年定年退職、大正大学教授、駒澤大学教授を務めた。 講師として東大文学部で行った講義は、仏教信仰を基礎とした文学論で知られ、芥川龍之介などがこれを聴講した。 養子に松浦孝作(旧姓・小面、教育社会学、東京学芸大学名誉教授、1910-2001)がいる。 孝作の長女も教育学者の山崖俊子(1944- )津田塾大学名誉教授。 [著書] トルストイの芸術観 弘道館 1911 文学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツウラ ハジメ
人物別名 松浦一
生年 1881年
没年 1966年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
文学の本質 松浦一 著 白凰社
1973
素月抄 : 歌集 松浦一 著 新樹社
1962
文芸の意味・文学の絶対境 : ホイットマン文学の自然教 松浦一 述 北星堂書店
1962
文芸の意味 ; 文学の絶対境 : ホイットマン文学の自然教 松浦一述 北星堂書店
1962.10
改修文学の本質 松浦一 著 誠信書房
1957
生命の直路 松浦一 著 学芸書房
1955
文学のいのち 松浦一 著 アサギ書房
1949
白紙の文学 松浦一 著 三省堂
昭和16
生きる力 松浦一 述 伝通院伝通会館
昭和11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想