松岡 洋右   (1880-1946)

山口生まれ。外交官、政治家。13歳で渡米し、苦学してオレゴン州立大学を卒業。帰国後外交官となり、中国、ロシア、アメリカなどに勤務した。大正10年(1921)南満洲鉄道株式会社の理事、昭和2年(1927)に副総裁となる。5年(1930)衆議院議員に当選。国際連盟総会に主席全権として派遣され、8年(1933)満州国に関する決議案に反対して退場、連盟脱退に至った。10年(1935)満鉄総裁に就任。第2次近衛内閣の外相となり、15年(1940)に日独伊三国同盟、16年(1941)日ソ中立条約を締結。戦後、A級戦犯に指名されたが判決前に病死した。

「近代日本人の肖像」より

松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。 日本の国際連盟脱退、日独伊三国同盟の締結、日ソ中立条約の締結など第二次世界大戦前夜の日本外交の重要な局面に、代表的な外交官ないしは外務大臣として関与した。 敗戦後、極東国際軍事裁判の公判中に病死した。 [生涯] 1880年(明治13年)に山口県熊毛郡室積村(のち光市室積)にて、廻船問屋の四男として生まれる。 洋右が11歳の時、父親が事業に失敗し破産したこと、親戚が既に渡米して成功を収めていたことなどから1893年(明治26年)に留学のため渡米する。 アメリカで...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツオカ ヨウスケ
人物別名 松岡洋右

Matsuoka, Yosuke
生年 1880年
没年 1946年
職業・経歴等 外交官

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
外交官・松岡洋右の俳句 松岡洋右 著 東京四季
2016.9
満鉄を語る 松岡洋右 著 慧文社
2007.12
太平洋会議に於ける二講演 松岡洋右述 ; 東亜経済調査局[編] 北京科圖技術開發公司
1993.7
現代日本記録全集 今井庄次編 筑摩書房
1971
興亜の大業 松岡洋右 著 第一公論社
昭和16
戦乱下の欧洲を旅して 松岡洋右 [著]. 戦乱下の欧洲を旅して / 窪井義道 [著] 国民教育研究会
昭和16
日本民族の理念 : 松岡洋右大獅子吼集 松岡洋右 著 ; 大久保憲美 編 岡倉書房
昭和16
松岡外相演説集 松岡洋右 著 ; 外交問題研究会 編 日本国際協会
昭和16
興亜の大業 松岡洋右 著 第一公論社
1941
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想