松岡 三郎   (1915-)

松岡 三郎(まつおか さぶろう、1915年 - )は、日本の法学者、明治大学名誉教授。 1941年東京帝国大学法学部卒、同助手、45年内務省に入る。 のち厚生省勤務。 1949年明治大学法学部教授、法学部長、1986年定年退任、名誉教授。 明大講師・松岡二郎(1947- )は息子。 労働法が専門。 [著書] 『労働基準法疑義解説』労務行政研究所 1947 『労働基準法の詳解』労務行政研究所 1947 『改正労働法』研進社 1949 『憲法と労働立法 労働法改正を繞る諸問題』国際文化共働社 1949 『条解労働基準法』弘文堂 1950 『条解災害補償法 労働者,公務員』弘文堂 1952 『労...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツオカ サブロウ
人物別名 松岡三郎
生年 1915年
没年 -
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
入江信子教授古稀記念論文集 明治大学法律研究所編 - 2009.1
口語労働法 松岡三郎, 松岡二郎 共著 自由国民社
2008.8
口語労働法 松岡三郎, 松岡二郎 共著 自由国民社
2004.1
総解説人事・労務の法律 松岡三郎, 松岡二郎 著 日本経済新聞社
2002.1
口語労働法 松岡三郎, 労働省法規課 共著 自由国民社
2001.1
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1999.5
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1997.9
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1996.3
労働法 松岡三郎 他共著 自由国民社
1995.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想