松永 伍一   (1930-2008)

松永 伍一(まつなが ごいち、1930年4月22日 - 2008年3月3日)は、詩人・評論家・作家。 [来歴・人物] 福岡県大木町出身。 八女高校卒。 1955年に詩集を刊行したが、評論を数多く上梓、「日本農民詩史」で1970年毎日出版文化賞特別賞を受賞した。 農民のほか、切支丹、落人など敗者、弱者への共感を叙情的に歌い上げる作風で知られる。 児童文学、美術関係の評論、いわさきちひろの画集編纂、五木寛之との対談、小説など多岐にわたる著述を残した。 『一揆論』は何度も復刊された。 著作集全6巻はその中途里程に過ぎない。 また、子守唄研究の第一人者としても知られ、子守唄に関する著書も多い。 20...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツナガ ゴイチ
人物別名 松永伍一
生年 1930年
没年 2008年
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
白秋研究資料集成 宮澤健太郎 編・解説 クレス
2014.10
日本の子守唄 松永伍一 著 紀伊国屋書店
2014.5 (第2刷)
対談元気に老い、自然に死ぬ・他 秦恒平著 「湖(うみ)の本」版元
2012.6
蝶は還らず 松永伍一 著 ウェッジ
2008.2
老いの品格 松永伍一 著 大和書房
2008.4
老いの美徳 松永伍一 著 大和書房
2007.3
人は言葉に癒され、言葉に励まされる 松永伍一 著 PHP研究所
2006.4
讃歌 松永伍一 著 玲風書房
2006.9
日本の子守唄 : 民俗学的アプローチ 松永伍一著 NetLibrary
2006
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想