松本 徹   (1933-)

松本 徹(まつもと とおる、1933年8月19日 - )は、日本の文芸評論家。 近畿大学、武蔵野大学の教授を経て、山梨県の山中湖畔にある「三島由紀夫文学館」館長。 北海道札幌市生まれ。 大阪市立大学文学部国語国文学科卒業後、サンケイ新聞に入社。 記者時代の1963年に「森鴎外ノート」で第6回群像新人文学賞(評論部門)候補。 1973年に「三島由紀夫論」を発表。 文芸評論、小説を書き、徳田秋声論を書いている。 1980年に近畿大教授。 1982年から『文學界』で同人雑誌評を担当、1995年から2004年まで武蔵野女子大学(現:武蔵野大学)教授。 その時期は作家・漫画家の白倉由美の指導教官だった。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マツモト トオル
人物別名 松本徹
生年 1933年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
『豊饒の海』の時代 松本徹 [ほか] 責任編集 鼎書房
2020.5
三島由紀夫・豊饒の海 松本徹 [ほか] 責任編集 鼎書房
2019.5
小栗往還記 ; 風雅の帝 光巌 松本徹著 鼎書房
2019.5
六道往還記 ; 天神への道菅原道真 松本徹著 鼎書房
2019.8
貴船谷の女 ; 奇蹟への回路 ; 残雪抄 松本徹著 鼎書房
2019.11
三島由紀夫と澁澤龍彦 松本徹 [ほか] 責任編集 鼎書房
2018.5
三島由紀夫とスポーツ : 三島由紀夫研究 松本 徹;佐藤 秀明;井上 隆史;山中 剛史【責任編集】 鼎書房
2017.4.25
三島由紀夫・没後45年 : 三島由紀夫研究 松本 徹;佐藤 秀明;井上 隆史;山中 剛史【責任編集】 鼎書房
2016.4.20
三島由紀夫の時代 松本徹 著 水声社
2016.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想