増山 元三郎   (1912-2005)

増山 元三郎(ますやま もとさぶろう、1912年10月3日 - 2005年7月3日)は、北海道小樽市出身の日本の数理統計学者。 [来歴] 1937年東京帝国大学理学部物理学科卒。 中央気象台勤務の傍ら統計学を独習し、その後東大医学部・理学部などで非常勤講師を務める。 1943年「ベクトル量の相関測度について」で理学博士となり、戦後の1952年に国際統計本部教授。 1954年インド・統計研究所客員教授としてP・C・マハラノビス所長のもとで研究。 アメリカ・カトリック大学教授を経て、1970~88年東京理科大学教授。 戦後日本の推測統計学の分野の確立に努めた。 また、社会的問題の解決に統計学的手...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マスヤマ モトサブロウ
人物別名 増山元三郎

Masuyama, Motosaburō

增山, 元三郞
生年 1912年
没年 2005年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
成長の個体差 : ヒトの成長直線をめぐって 増山元三郎 著 みすず書房
1994.10
コンピュータの部品になりたくない学生諸君へ : 越声集より 増山元三郎 著 みすず書房
1987.6
The almost-one parameter hypothesis applied to auxology and pharmacokinetics : selected papers of M. Masuyama - The Research Institute of the Life Insurance Welfare
1985
数に語らせる 増山元三郎 著 岩波書店
1980.4
少数例のまとめ方 増山元三郎 著 竹内書店新社
1976.4
統計数値表 統計科学研究会編著 生産技術センター
1976.1
新編統計数値表 統計科学研究會編著 ; 北川敏男, 増山元三郎編 生産技術センター
1976.1
実験公式の求め方 増山元三郎 著 竹内書店新社
1975.9
推計紙の使い方 : 調査研究の計画と結果の解析に役立つ図計算表 増山元三郎著 生産技術センター新社
1975.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想