升田 幸三   (1918-1991)

升田 幸三(ますだ こうぞう、1918年3月21日 - 1991年4月5日)は、将棋棋士。 実力制第4代名人。 広島県双三郡三良坂町(現三次市)生まれ。 名前は正しくは「こうそう」と読むが、将棋界では「こうぞう」で通した。 木見金治郎九段門下。 棋士番号18。 三冠独占などの輝かしい戦績は勿論のこと、その独創的な指し手、キャラクター、数々の逸話は、将棋界の歴史を語る上で欠かすことができない。 [人物] 父栄一、母カツノの四男として生まれる。 1932年(昭和7年)2月に「日本一の将棋指し」を目指して家出。 家出の時に愛する母の使う物差しの裏に墨でしたためた「この幸三、名人に香車を引いて......

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ マスダ コウゾウ
人物別名 升田幸三
生年 1918年
没年 1991年
職業・経歴等 将棋棋士

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大山VS升田全局集 大山康晴, 升田幸三 著 マイナビ出版
日本将棋連盟
2016.12
升田の研究 升田幸三 著 マイナビ
日本将棋連盟
2015.6
升田幸三名局集 升田幸三 著 マイナビ
日本将棋連盟
2012.12
王手 升田幸三 著 中央公論新社
2003.2
名人に香車を引いた男 : 升田幸三自伝 升田幸三 著 中央公論新社
2003.8
歩を金にする法 升田幸三 著 小学館
2002.9
勝負 升田幸三 著 中央公論新社
2002.9
勝負 : 人生は日々これ戦場 升田幸三 著 成甲書房
2001.2
王手 : ここ一番の勝負哲学 升田幸三 著 成甲書房
2001.4
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想