Bohrer, Karl Heinz   (1932-)

この人物の情報

人物別名 Karl Heinz Bohrer

ボーラー, カール・H

ボーラー, カール・ハインツ
生年 1932年
没年 -

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大都会のない国 : 戦後ドイツの観相学的パノラマ カール・ハインツ・ボーラー 著 ; 高木葉子 訳 法政大学出版局
2004.10
ロマン派の手紙 : 美的主観性の成立 カール・ハインツ・ボーラー 著 ; 高木葉子 訳 法政大学出版局
2000.5
シュルレアリスムとテロル カール・H.ボーラー 著 ; 西川賢一, 山崎弘之 訳 合同
1972
Was alles so vorkommt : Dreizehn alltägliche Phantasiestücke Karl Heinz Bohrer Suhrkamp
2021
Kein Wille zur Macht Karl Heinz Bohrer Carl Hanser
2020
Mit Dolchen sprechen : der literarische Hass-Effekt Karl Heinz Bohrer Suhrkamp
2019
Jetzt : Geschichte meines Abenteuers mit der Phantasie Karl Heinz Bohrer Suhrkamp
2017
Das Erscheinen des Dionysos : antike Mythologie und moderne Metapher Karl Heinz Bohrer Suhrkamp
2015
Der Abschied : Theorie der Trauer : Baudelaire, Goethe, Nietzsche, Benjamin Karl Heinz Bohrer Suhrkamp
2014, c1996
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想